中古住宅を購入する予定の方は必ずチェックするべき!中古住宅のポイントなどを紹介

こちらのサイトは、これから中古一戸建てやマンションなど中古住宅を購入する予定にしている人に向けた必ずチェックして欲しいポイントについて初心者でも分かるようご紹介しています。
築年数やリフォーム済み、立地や価格など選ぶときの要素は色々ありますが、中古といっても長年住み続けるわけですから将来を見据えた間取りで選ぶことが重要です。
また、中にはリノベーション済みになっているものもあるけれども、これはお得になるのか疑問にも答えています。

中古住宅を購入する予定の方は必ずチェックするべき!中古住宅のポイントなどを紹介

中古住宅の中にはリノベーション済み物件もありますが、築年数が経過しているのでそのままでは売れない、このような理由で家の改造が行われているものもあります。
また、前に住んでいた人が生活しやすいようリノベーションやリフォームを行った物件もありますが、改築工事はお金が掛かるわけですから本来なら中古住宅で売り出すために改築工事をおこなうことはない、これは中古住宅を選ぶときのポイントとして覚えておきたい部分です。
中には、再建築不可物件の住宅に付加価値を高める目的で改造が行われていることもあるので注意が必要です。

中古物件はリノベーション前提で探すとスムーズ

近年では、中古住宅を購入してリノベーションをして住むという人も増えてきています。
新築の住宅を購入するよりも安く、自分好みの住宅を作れるとして人気です。
中古住宅を探すときには、リノベーションを前提にして探すと良い物件につながります。
探し方はさまざまなものがありますが、基本的には不動産会社に相談したり住宅情報サイトをチェックすることで物件は見つけられます。
重要なのが複数の不動産会社に相談して、色々な情報源を持っておくということです。
住宅情報サイトやチラシなどもこまめにチェックすることで、理想の住宅を探せるようになります。
気に入った物件があれば、問い合わせをして資料請求などを行います。
資料に問題なければ、実際に見に行ってみるということも大切です。
目には見えない耐震強度の問題や、シロアリ・雨漏りなどのがないかも確認する必要があることから、専門家に住宅を調査してもらうことも検討することをおすすめします。

耐震性の高い中古住宅は価格が下がりにくい

現在は空き家が全国的にも増えている事情がありますが、その分だけ中古住宅が購入しやすくなっています。
こうした中古住宅の中でも耐震性に優れている場合は、価格が下がりにくい特徴を持っています。
その理由は国内が地震大国であり、将来的にも大地震が起こる可能性が高いので、その備えをしてあるだけで評価が高くなるからです。
合理的に考えても人命に代えがたいのも事実で、地震が起こって倒壊して亡くなってしまうことを考慮するとそれだけ地震対策を行っていることはポイントになります。
中古住宅の課題は過去の耐震基準によって建築されている点があり、その場合でも現在の基準に適合しているケースも多いです。
耐震性が高いと倒壊の危険性も少ないので、割高でも安全にコストをかけるのは言うまでもありません。
中古住宅の購入を検討しているケースでも地震対策をしっかりしている住宅の方が前向きになりやすく、わざわざ倒壊の危険性のある物件を欲しいと思わないはずです。
交渉などでも価格が下がりにくいデメリットもあっても、暮らす上での安心感を得ることができます。

災害リスクを考慮して中古住宅を買うのがトレンドになりつつある

昭和の日本では、所帯を持ったら家を建てて長く住むのが理想とされていました。
しかし現在は、多様な生活スタイルが当たり前になり、新築にこだわらない人も多いです。
現在トレンドになっているのは災害リスクを考慮して、中古住宅を購入することです。
日本は地震が多い国ですし、台風が大型化する可能性も指摘されています。
どんなに堅牢性の高い住宅を建てても、災害に襲われて住めなくなるリスクをゼロにはできないのです。
そこで中古住宅を購入してそこに住み、災害に遭ったらまた新しい住宅に移り住む、という考えになるのです。
現在流通している中古住宅の多くは新しい耐震基準に適合しており、震度6や7が起こっても倒壊するリスクは低いです。
それを購入して、被災時に必要となる資金を取っておくわけです。
中古住宅は固定資産税が安いことも魅力です。
特に木造住宅は築10年で新築の4割ほど、築25年で1割ほどになります。
税金も節約すれば、被災後も普通の生活ができるかもしれません。

中古住宅と一緒に周辺環境を確認するのがコツ

中古住宅を購入する場合により良い場所を見つけるためには、周辺環境を必ず確認しておくことが重要です。
そもそも、住環境が悪い地域だと中古住宅を購入したとしても、将来的に住みづらい状態になってしまうからです。
元々、中古住宅の価格査定に大きな影響を与えるのは住環境です。
周りの状況が生活環境に良い状態であるのならば、自然と価格は高くなります。
その中で、どれだけリーズナブルなコストで中古住宅を購入できるかが鍵になりますので、必ず周辺環境を確認して住みよい状態になっているのかということをチェックすることが重要です。
公共施設や交通手段などはもちろんですが、災害などが生じた時にライフラインを確保できるかどうかということもとても大切です。
これから生活をしていく上で、不便さが生じる可能性がないかどうかを確認することで、住宅や土地の安定性をさらに向上させることができるようになるのでこの点を知っておくことが重要です。

中古住宅に関する情報サイト
中古住宅購入のポイント

こちらのサイトは、これから中古一戸建てやマンションなど中古住宅を購入する予定にしている人に向けた必ずチェックして欲しいポイントについて初心者でも分かるようご紹介しています。
築年数やリフォーム済み、立地や価格など選ぶときの要素は色々ありますが、中古といっても長年住み続けるわけですから将来を見据えた間取りで選ぶことが重要です。
また、中にはリノベーション済みになっているものもあるけれども、これはお得になるのか疑問にも答えています。

Search